情報処理技術のスキル保持者の検索について

昨今、IT系人材に給与を高く設定する企業が増えているなど、IT系人材の不足は顕著です。
しかし、当該スキル保持者を採用したくても、現状では所属する学部・学科名か、保有資格から
しか確認することが出来ず、ニーズを充足させることは困難でした。

そこで、大学成績センターはJMOOC((社)日本オープンオンライン教育推進協議会)と協力して、
情報処理技術者資格のスキルを大学の授業に分解し、自社応募者の中から当該授業の履修者を検索
できるようにしました。
これによって、表面的には分かりづらいスキル保持者も採用に結び付けることが出来ます。

また、JMOOCでは一部の授業のオンライン無料講座を開講します。
内定者や若手社員の中で当該スキルが不足していると思われる方に受講してもらうことで、IT系
人材の底上げが期待できます。


1.情報処理技術者資格のスキル分解

情報処理技術者資格のスキルについて、下記の手順で分解し、リスト化しました。


↓クリックするとpdfファイルが開きます。

  
情報処理技術者資格のスキルと科目の相関リストはこちらからご覧いただけます。

2.科目履修者の検索

履修履歴データベース2019年版に登録された約830万件の講義データから、
1.で作成したそれぞれの科目に該当する授業を洗い出して、リスト化しました。
このリストを用いて、履修履歴データベース内で自社応募者内の該当科目履修者
を検索することが出来ます。


  
全リストはこちらから参照頂けます。



3.情報処理技術者資格の講座の案内

<JMOOC開講講座>
スキルの分解の結果、今期新規開校となる講座
・「未経験者のためのPHPとmySQLを用いたwebデータベースシステム」講座
・「Webで学ぶJavaScript」講座
・「要求工学概論」講座

JMOOCの全講座、受講要領はこちらでご確認ください。
https://www.jmooc.jp/