応募者への登録・送信依頼文例

応募者に履修履歴データの登録・送信を依頼する場面別のメール文例です。
「企業コード・送信者情報1・送信者情報2」の指示の部分を適宜書き換えてご活用ください。

Case 1


 
 各企業様のメールシステムを使用する際の依頼文例

 
  選考開始前、選考途中に応募者へ送信依頼をする際にご利用ください。

  面接日直前に依頼を出すと、応募者側のスケジュールが立て込む可能性も考えられます。
  登録・送信依頼はお早目にお願いいたします
  また、あらかじめ「○次面接に進まれる方には履修履歴データを送信してもらいますので、事前に
  登録準備をお願いいたします」と伝えておくと、より円滑に選考を進めていただけます。
   

Case 2


 
 就活ナビサイトのメッセージ機能を使用した送信依頼文例

  ●就活ナビサイト(リクナビ・マイナビ等)をご利用の企業様
  
  送信者情報1、送信者情報2にワード置換機能を用いて
   識別番号(マイナビの学生管理ID・リクナビの個人ID)を自動表示させると便利です。
   ※ログインIDとは別物です。
   こちらを入力指示してしまうと、個人を識別出来なくなってしまいますのでご注意ください。  

Case 3


 
 採用支援サイトとの連携の際に表示されるメッセージ文例

 
  ◆採用支援サイトに表示させるメッセージのベースとなります。
  ◆応募者は、採用マイページでこちらのメッセージを確認し、登録画面に進みます。
  ※ID連携による自動表示となりますので、企業様から応募者へ送信依頼をする必要はありません。

応募者への印刷・持参依頼  メール文例

応募者に履修履歴表の印刷・持参を依頼するメール文例です。是非ご活用ください。

 面接時の印刷・持参依頼 
 
  応募者へ、面接で来社する際、データ送信済の履修履歴表を必要部数印刷して
         持参するよう依頼するのが最も一般的な運用方法です。

内定者への送信依頼文例


 内定者への送信依頼文例