システムご利用ガイド - 履修履歴の確認(個人参照画面)

応募者から送信された履修履歴データを、個人別の確認画面から確認します。





履修履歴を参照している応募者の情報(送信者情報1)が表示されます。


履修履歴を参照している応募者の情報(送信者情報2)が表示されます。


データが送信された日時が表示されます。


応募者の卒業予定年が表示されます。
例)2018年3月卒の学生→2018年
※2017年より以前に卒業された応募者は、全て2017年と表示されますので、
 履歴書をご確認くださいますようお願いします。


 学校、学部、学科、学校区分名、成績の評価方式が表示されます。
不合格となる段階は表示されません。成績方式は応募者によって異なりますので、
どの成績が最高評価・最低評価が何にあたるか等についてはこちらをご確認ください。
※応募者が成績評価を入力する際、特殊な評価方式でシステム上選択できず、成績評価を手入力した場合、 評価方式が「その他」と表示されます。


応募者が入力した講義名、成績評価、単位数が表示されます。
※不合格となる段階は成績方式に含まず、入力対象外のため、不合格科目は表示されません。
※成績評価を手入力した場合、成績評価欄に「他(×)」と表示されます(×は手入力した内容)。
※成績評価がなく、単位認定のみの講義を選択した場合は、成績評価欄に「合格」と表示されます。


GPA、最高評価率、最低評価率について、学校・学部ごとの前年度の平均値が表示されます。
※前年度の履修履歴データーベース登録情報から算出されています(登録数10名以上の学校・学部のみ)
※算出値が無い場合は「ー」が表示されます。


応募者の履修履歴表を印刷する場合のプレビュー画面が開きます。 そのまま印刷することも可能です。


この応募者が複数データを送信している場合、過去に送信されたデータを確認することができます。


表示されている応募者の履修履歴表を、PDF形式で取得できます。


表示されている応募者の履修履歴表を、CSVデータで取得できます。