履修履歴の確認(履修履歴一覧画面)

履修履歴一覧」画面では、応募者が送信したデータのすべてを検索・確認・取得することができます。

検索の方法は、以下の2つです。

(1)「通常検索」…応募者データを特定の条件で絞り込み、欲しいデータのみを取得できます。
(2)「差分検索」…前回データを取得した日時以降に送信された差分データのみを取得できます。
    

※取得日時が記録されるのは差分検索により取得した時だけです。
  通常検索での取得日時は記録されませんのでご注意ください。


⑴通常検索


履修履歴送信日
応募者がデータを送信した期間で絞り込む絞ることができます。

送信者情報1
応募者を「送信者情報1」で絞り込むことができます。

★「送信者情報1」を, (カンマ)で繋げることで、一度に複数の応募者を絞り込むことができます。
 
 複数の「送信者情報1」をカンマ入りの検索用データに変換するExcelファイルを
 ご用意しています。こちらからダウンロードしてご利用ください。

送信者情報2
応募者を「送信者情報2」で絞り込むことができます。(部分一致検索も可)

卒業予定時期
応募者を、「卒業予定時期」で絞り込むことができます。


(2)差分検索


差分検索では、データ取得日時が都度記録されるため、
前回取得日時以降に送信されてきた「差分データ」のみを抽出・取得(ダウンロード)することが可能です。

通常検索画面上で行ったデータ取得日時は記録されませんのでご注意ください。



検索条件を指定後、検索ボタンを押してデータを抽出します。

差分形式 ダウンロードしたいデータの種類を選択してください。

前回のデータ取得日時

  過去10回分のデータ取得日時が表示されます。ご希望の日時を選択してください。
  ここで選択された日時以降に送信されてきた全データが抽出されます。
   ※CSV差分、CSV(詳細含む)差分、PDF差分の取得日時はそれぞれで保存されます。

  ⇒抽出後、「PDF取得」「CSV取得(詳細含む)」「CSV取得
   ボタンを押してデータをダウンロードしてください。







 送信者情報1とは、応募者がデータを送信する際に必ず入力するもので、 データが誰のものであるか特定するための情報です。 このIDのリンクをクリックすると、個人履修履歴画面が開きます。
※送信者情報1は企業ごとに独自に設定し、各応募者に対し通知してください。




応募者の所属する学校情報が表示されます。


応募者が卒業までに取得が必要な単位数、および現時点で取得済の単位数が表示されます。


GPA換算は、各大学ごとの評価方式に基づき成績を数値化した場合の平均値です。
例)成績評価がA~Dの4段階(Eは不合格)の場合
 → 不合格の評価は含めず、成績換算値と単位数の積算合計を単位数で平均値化します。






 最高評価率・最低評価率は、総取得単位に占める最高評価の単位・最低評価の単位の割合です。
例)合格評価がA~Dの4段階の場合
■最高評価率:A取得単位数÷総取得単位数
■最低評価率:D取得単位数÷総取得単位数
※合格評価段階の数によって不公平が生じないよう、一定の補正率を乗じています。





 前年版に登録された全データから集計した結果として、以下の2点両方に
該当した授業を「評価分散している授業」とし、 その取得単位数とGPA換算が表示されます。

① 当該授業を取得している学生のデータの登録が10人以上
②その成績評価に一定のばらつきがある(最高評価率30%以下、最低評価率10%以上30%以下)


 学生がデータを何回送信してきたかがわかります。
複数回送信してきた学生の「個人参照画面」には、「以前の送信」というタブがあり、 クリックして以前の送信内容も閲覧出来るようになっています。



 応募者がデータを送信する際、「送信者情報2」として入力した内容が表示されます。
(例:氏名を備考に入力するよう指定 → 応募者氏名が一覧表示される)
 ※文字数は半角・全角を問わず15文字まで


 検索結果として表示されている応募者全員の履修履歴表をPDFデータで取得できます。
詳細はこちらに記載がございます。



 検索結果として表示されている応募者全員の履修履歴データをCSV形式で取得できます。
詳細はこちらに記載がございます。