PDFデータの取得・活用

 PDFデータとは「履修履歴表」のことです。
 以下の2か所の画面でダウンロードすることができます。
 
 ⑴個人参照」画面…応募者個人のデータを見ることができます。
 ⑵履修履歴一覧」画面…応募者全員のデータを一覧で見ることができます。 

 取得して頂けるのは以下のデータです。

  
  【PDFデータ全体図】


【PDFデータ項目部分拡大図】

⇓【項目の説明】


GPAの算出方法

合格とみなされる評価段階に応じて、数値を振っています。

★計算方法:各科目の(ポイント×取得単位数)の合計÷総取得単位数

ABCDの4段階の場合は、下記のような方法で算出しています。



各成績評価に対する数値一覧⇓


■「ABC」や「優良可」などの段階ではなく、点数評価の場合の計算方法
 100~90点 ⇒ 4.0
  89~80点 ⇒ 3.0
  79~70点 ⇒ 2.0
  69~60点 ⇒ 1.0  (例:東京工業大学の場合)
 

最高評価率・最低評価率の算出方法
成績評価がABCD4段階の場合は
下記のような方法で算出しています。

最高評価率=(A取得単位数÷総取得単位数)
最低評価率=(D取得単位数÷総取得単位数)

※合格評価段階の数によって不公平が生じないよう、一定の補正率を乗じています。

評価分散とは
前年度に登録された全ての履修履歴データから調査した結果として、

成績評価に一定のばらつきがあり厳正な評価をされている可能性が高い講義を、
評価分散のある講義」と言い、履修履歴表では該当の講義に*(アスタリスク) が表記されます。

評価分散のある講義で最高評価の多い学生は知的能力が高い傾向があります。

 <評価分散の判断基準>
 当該授業を取得している学生のうち 最高評価を得た学生の割合が 30%以下であり、
  最低評価を得た学生の割合が 10%以上30%以下 であることを条件としています。
 (割合については成績評価4段階を標準として各成績評価段階数に応じて補正した数値を使用)



①「履修履歴一覧」画面で、PDFを取得したい応募者の「送信者情報1」をクリックしてください。
②「個人参照」画面が表示されたら、「PDF取得」ボタンをクリックしてください。
③「はい」をクリックするとPDFがダウンロードされます。



「履修履歴一覧」画面でのPDF検索方法は以下の2つです。

⑴「通常検索」…応募者全員分のデータを一括でダウンロードできます。

⑵「差分検索」…応募者データの未取得分のみダウンロードできます。
        ※差分検索をされる場合は初回からこの方法でデータを取得してください。

(1)通常検索


①「履修履歴一覧」画面にて、「PDF取得」ボタンをクリックしてください。
② ダウンロードを開始して良ければ「はい」をクリックしてください。
 ※取得したいデータ数が多いほど、ダウンロードには時間がかかります。予めご了承ください。
③ 取得したPDFファイルは、「圧縮ファイル」として保存されます。
 圧縮ファイルを展開すると、取得したPDFファイルの一覧が表示されます。

(2)差分検索
差分検索では、データ取得日時が都度記録されるため、
前回取得日時以降に送信されてきた「差分データ」のみを抽出・取得(ダウンロード)することが可能です。
※「通常検索」画面上で行ったデータ取得日時は記録されませんのでご注意ください。



下記検索条件を指定後、「検索」ボタンを押してデータを抽出します。

A 差分形式:ダウンロードしたいデータの種類を選択してください。
B 前回のデータ取得日時
 過去10回分のデータ取得日時が表示されます。ご希望の日時を選択してください。
 ここで選択された日時以降に送信されてきた全データが抽出されます。
 ※PDFのみを取得した場合、CSVの取得日時は保存されません。

 抽出後、「PDF取得」ボタンを押してデータをダウンロードしてください。